ムダ毛の自己処理による埋没毛とは|宮崎のブライダルエステ

毛抜きを使うと埋没毛になる恐れが

ムダ毛を自己処理する方法にはカミソリやシェーバー、家庭用脱毛器などいくつかあります。
中でも毛抜きを使った方法は毛根から綺麗に処理できることから多くの人が行っていますが、実は毛抜きを使って失敗すると肌トラブルを起こしやすいです。

 

例えば勢いよくムダ毛を抜いて失敗し、毛が皮膚の中で途中で切れてしまうことがあります。
そして再度生えてきた毛先が斜めの毛が肌を傷つけ、毛穴がカサブタで塞がれて皮膚の外に出ることができずに皮膚の中で丸まって生えてくる「埋没毛」はよくある肌トラブルの一つです。

 

埋没毛にならないためには毛が生えている向きにそって慎重に毛抜きを使うことが重要です。
埋没毛になってしまった場合、自己処理は中止して再度毛が外に出るまで放置しておくか、もしくは病院で皮膚を切開して毛を取り出す方法もあります。
更に一度埋没毛になると再発しやすいと言われているため、このような場合は脱毛で毛根から処理してしまうと埋没毛に悩まされる心配はなくなるのでおすすめです。